ブログ

【解説】マインドフルネスの効果はいつ出ますか?

マインドフルネスは悩みや苦しみから助けてくれる、誰でもできる方法——。そう聞けば、ぜひ生活に取り入れてみたいと思いますよね。でも具体的にはどんな効果があるの? すぐに効果が感じられるようになるものなの? 

そんな疑問に、マインドフルネスの伝道師・MELONマンがわかりやすくお答えします。

自分を苦しめる「思考」から離れることを目指す

世界中の状況が大きく変化し続けている昨今。仕事の状況が変わったり、人間関係が変化するなど、生きていくうえでさまざまな悩み事や心配事が生じたり、怒りなどに苦しめられる時がありますよね。マインドフルネスとは、そんな悩みや苦しみとどう向き合っていくかを学ぶ方法のこと。

1979年に、米国マサチューセッツ大学医学部教授のジョン・カバット・ジン博士が、仏教から考え方のエッセンスを抽出して宗教的な要素を除き、一般的な人にも取り組みやすい方法としてマインドフルネスの考え方を提唱しました。それから多くの研究がなされ、これまでに何百という論文でその有効性が検証されています。

>>【解説】マインドフルネスにはどんな歴史がありますか? – 由来と歴史 –

そもそも悩み事があるということは、頭の中でいろいろなことをグルグル考え続けている状態のこと。「ああいうことをしなければ良かった」という過去のことや「この後どうなってしまうんだろう」という将来への不安にとらわれている状態のことです。そこを離れて「今、この瞬間」を生きましょうというのがマインドフルネスの考え方です。

ではなぜ「今、この瞬間」を生きると楽になれるのでしょうか?

実は悩み事の本質は感情や思考。過去や将来のことを考え続けている状態そのものが苦しみなのです。そこから離れることで、心の安定を得ることができるようになります。

2か月練習すれば効果が感じられるようになる

マインドフルな心の状態を作るための練習には様々な方法があるのですが、そのうちのひとつが「マインドフルネス瞑想」。瞑想というと、無我の境地に至るのがゴールのような気がしてしまいますが、マインドフルネス瞑想で目指すのはそこではありません。

マインドフルネスの大切なエッセンスは「観察」です。目で見るのではなく、瞑想によって感覚に意識を向け続ける、身体を使った観察をおこなっていきます。

感覚に意識を向け続けることができるようになると、いろんなことに気がつくでしょう。例えば、普段は意識していない自分の心の状態や思考のクセ、そして、日々見過ごしている小さな発見や幸せなど…。

このように、観察して気づくことのできる状態を作っていくことがマインドフルネスの目標です。ただ、人間の脳は考え続けることに慣れていますので、意識的にそれを抜け出す練習をしないとすぐに元に戻ってしまいます。身体を鍛えるエクササイズと同じように、脳や心の使い方を練習しなければならないのです。

マインドフルネス瞑想によって練習を重ねていくと、自分の状態を観察することができるようになり、グルグルとした思考にとらわれていても、それに気がついて心をマインドフルな状態に切り替えることができるようになっていきます。

しっかり練習を続けていけば、2か月ほどで効果が感じられるように自分自身が変化していくでしょう。ただ、書籍などで理論を学ぶだけでは難しく、専門の知識を持った人に教わりながら、日々実践していくのが良いでしょう。

集中力アップや快眠などの効果も

現代の生活には、個人的な悩みや心配事以外にも思考の世界に引き込むワナがたくさんあります、その代表がスマートフォンやネット。あまりにも情報量が多すぎるのです。

脳は常に刺激を求めるので、情報を追い続けることが習慣化しています。また、人はいいことよりもネガティブなことのほうに反応しやすい習性があり、無意識に悪い情報を多く見てしまいます。

嫌なニュース、怖いニュース、ゴシップネタなどに常にさらされていると、脳も心も疲れきってしまうでしょう。しかし、自分をマインドフルな状態に切り替えることができるようになれば、「あ、また悪い情報を見ている」と気がついて、ネガティブな情報から距離を置くことができるようになれます。

マインドフルネス瞑想を練習していくことで、悩みや苦しみから上手に距離を置いて楽になることができるようになるだけでなく、集中力がアップしたり、不安が緩和される、快眠できるなどの効果も実証されています。

「今」を生きて豊かな人生を送ることができるマインドフルネス。ぜひ生活に取り入れてみませんか。