ブログ

イチローやスティーブ・ジョブズも?瞑想を実践している有名人を紹介

石が積み重なった様子の画像

近年、科学的効果が認められている「瞑想」。さまざまなメディアで注目されているため、気になっている方も多いのではないでしょうか。 

そんな「瞑想」ですが、起業家やスポーツ選手など、さまざまな有名人が実践しています。その中には、多くの方が知っている「イチロー」や「スティーブ・ジョブズ」なども。

この記事では、「イチロー」や「スティーブ・ジョブズ」を含め、実際に瞑想をしている有名人についてご紹介します。

ここで紹介する方々は、それぞれの分野で圧倒的な結果を残してきていますが、その活躍の分野は多岐に渡り、特定の職種に偏っているということはなさそうです。

瞑想は技術的、専門的なエリアで効果を発揮する訳ではなく、より根源的に人間が持っている力を発揮するためのツールなのかもしれません。

瞑想をしている有名人一覧

瞑想をしている有名人は、世界各国や日本にたくさん存在します。ここでは、多くの人が知っているであろう「瞑想をしている4人の有名人」を紹介します。

スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

おそらく瞑想を実践していた有名人で、日本でも一番知られている人物はApple創業者の「故スティーブ・ジョブズ」と言えるでしょう。スティーブ・ジョブズは養子として育てられ、大学を中退した後にインドへ渡ります。

インドで仏教に傾倒し、カリフォルニアに戻ります。その後、「曹洞宗の禅僧である鈴木俊隆」を導師として、サンフランシスコで禅を学びました。そこから瞑想に目覚め、2011年に亡くなるまで瞑想を実践したと言われています。

スティーブ・ジョブズの言葉で、「マインドフルネスと瞑想の本質を突いたフレーズ」があるのでご紹介します。

If you just sit and observe, you will see how restless your mind is. If you try to calm it, it only makes it worse, but over time it does calm, and when it does, there’s room to hear more subtle things – that’s when your intuition starts to blossom and you start to see things more clearly and be in the present more. Your mind just slows down, and you see a tremendous expanse in the moment. You see so much more than you could see before. It’s a discipline; you have to practice it.

「ただ座って観察するだけで、あなたは自分の心がどれほど落ち着いていないかに気づくでしょう。無理に落ち着かせようとすると悪化するだけですが、時間が経てばやがて落ち着き、些細なことに気が付くことができるようになります。 -それはあなたの直感が花開き始め、物事がよりはっきりと見え始めるようになる瞬間です。そしてもっと今を生きることができるようになる瞬間です。あなたの心の動きはただ穏やかになり、今という時間の中に途方もない広がりを発見します。そこではこれまでに見ることができたものより遥かに多くのものを見ることになります。そこに至るためには規律が必要で、練習をする必要があります。」

出典:goodreads

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

瞑想を行っている有名人として、マイクロソフトの創業者として名を残している「ビル・ゲイツ」も挙げられます。

ビル・ゲイツは、自身で運営しているブログ「Getes Notes」で、アンディ・プディコムの著書【頭を「空っぽ」にする10分間瞑想でマインドフルネスに生きる】を読んで、瞑想にハマっていることを公言しています。

彼は、この本を2018年と2020年の二度にわたって激賞しているのです。その影響で、世界的に注目を集めてベストセラーとなっています。

レイ・ダリオ(ブリッジウォーター・アソシエイツ創業者)

次にご紹介したいのは、世界最大ヘッジファンドのブリッジウォーター・アソシエイツの創業者である「レイ・ダリオ」です。

レイ・ダリオのファンドの2018年時点での運用資産は1,247億ドル(13.7兆円)となっています。また、パフォーマンスも非常に高いことで知られているのです。

レイ・ダリオは自身のFacebookで「自分が成功した一番重要な要因を挙げるなら、それは瞑想である」と述べています。

また、人間が成長するのを妨げる要因は自身のエゴであると考えています。彼のファンドでは投資判断をするにあたって、人間の感情やエゴを徹底的に排除。投資アイディアの精査を「事実」と「論理性」を元に行っています。

人間の欲望や恐怖が支配するマーケットにおいて、瞑想を通じて「冷静で正しい判断」を積み重ねてきたことが、彼のファンドのパフォーマンスに反映されているのでしょう。

イチロー

日本で瞑想を行っていたことが知られている有名人では、偉大なプロ野球選手である「イチロー」が挙げられます。

ニューヨーク・ヤンキースでチームメイトだった「デレク・ジーター選手」は、イチローが試合前に瞑想を行っていたと述べています。誰よりも早くクラブハウスにやってきて、「入念なストレッチ」と「20〜30分の瞑想」を行っていたようです。

このルーティーンが終わると完全に試合モードのスイッチが入り、彼の中には誰も入り込むことができないと言っています。イチローの輝かしい成績の一端を瞑想が担っていたのかもしれません。

このことからわかるように、スポーツと瞑想は非常に相性が良いといえます。

実際に当社MELONでは、明治大学体育会水泳部に「独自のマインドフルネス・プログラム」を導入したことがあります。結果として、「男子総合1位・天皇杯獲得」という素晴らしい結果を残しました。

以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

その他の瞑想をしている有名人一覧

女性が座って瞑想している様子

他にも以下のように、さまざまな有名人が瞑想を実践したと言われています。

  • マイケル・ジョーダン
  • タイガー・ウッズ
  • ノバク・ジョコビッチ
  • マーク・ザッカーバーグ
  • リチャード・ブランソン
  • ヒラリー・クリントン
  • マイケル・ジャクソン
  • レディ・ガガ
  • リチャード・ギア
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • ジョージ・ルーカス
  • クリント・イーストウッド
  • 松下幸之助
  • 稲盛和夫
  • 市川海老蔵
  • 長嶋茂雄
  • 本田圭佑
  • 長谷部誠

有名人ではない一般の方でも、瞑想をすれば効果が望める

白いタンポポが咲いている様子

この記事では、イチローやスティーブ・ジョブズなど、さまざまな瞑想をしている有名人を紹介しました。

瞑想を続ければ、「絶対に一流のパフォーマンスができる」とは限りません。しかし、何らかの形で彼らのパフォーマンス向上に役立っていた可能性は否定できないと言えそうです。

また、起業家やスポーツ選手ではない一般の方でも、瞑想を行うとメリットがあります。

例えば、「集中力が高まり、仕事のパフォーマンスが高まる」「ストレスや不安を感じにくくなる」「共感力が高まり、良好な人間関係を築きやすくなる」といったさまざまな効果が期待できます。

あなたも日常生活に瞑想を取り入れてみてはいかがでしょうか。

具体的な瞑想の「効果」や「やり方」については、以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。